*まずは無料相談から*

PR会社とフリーランスの違い

PR会社とフリーランスの違い

広報PR代行を依頼する場合、まず、PR会社を探される方が多いかもしれない。

確かに、PR会社は、ネットで検索するとたくさんヒットする。

しかし、一目見ただけで、


難しそう!
そもそもPR頼むレベルだったのかな?
料金が高い!

など、PR会社のサイトからこんな感想を抱く方も多いはずだ。

広報PRに着目した、せっかくの貴重なアイデアを諦めないで欲しいと思う。

実はこの業界、広報PR一本で活躍するフリーランス(個人)が意外に多い。

個人事業主や中小企業の経営者の方が、広報PRに挑戦する間口は意外に広く、敷居は低い。

しかも、PR会社とフリーランスに仕事内容の差はない。

なぜなら、広報PR代行業務は、商品やサービスに惚れ込み、会社のビジョン、社長の気概、商品の成り立ち、社員の想いなどお店や企業の細部まで深く踏み込む、人ありきの仕事だからである。

PR会社は担当者が、フリーランスは本人が主導でプロジェクトを推進する。

例えば、広報代行で期待される業務に、マスメディアへの掲載を目指す「プレスリリース」の作成・配信がある。

簡単に言うと、メディア露出を狙って「A4の一枚のお手紙(プレスリリース)」をマスメディアに届けるという仕事である。

時勢に合った切り口の提案をお客様にする一方で、受取り手である記者の視点も意識してこの「プレスリリース」を書き上げるのだ。


一方で、日々発行される膨大な量の新聞記事や雑誌誌面に目を通し、テレビ、ラジオ番組の情報を収集し、その「プレスリリース」の内容に見合った媒体を探し出す。

メールや電話で、もしくは直接、「プレスリリース」に込められた想いを記者に届けることもある。

たかが一枚の「プレスリリース」の作成・配信業務であるが、この一枚には、お客様の想いとともに、広報代行する者の“届けたい”という気持ちも詰まっているのである。

このように、「プレスリリース」の作成・配信の業務一つを切り取ってもPR会社が流れ作業でこなせるものではない。お客様と担当者が信頼関係で結びつき、さらなるステージアップを目指すことが広報PRするということなのである。

少しだけ、人間味溢れる広報代行の仕事へのイメージがついただろうか。

話を戻すと、広報PR代行を探している一番の理由は何であろう?

もし、予算に余裕があり、イベントの運営やSNSの運用代行の必要性を感じている場合は組織の強みがあるPR会社がふさわしい。

担当者は選べないが、いざという時には上司のフォローも期待できる。

広報代行のフリーランスは、組織の力ではPR会社にかない。

しかし、私のようなPRプロデューサーは、フリーランスならではの仕事への熱い想いと責任感を人一倍持っている。プロの看板を背負い業務に当たっていることが特徴である。

フリーランスのPRプロデューサーの仲間には、そんな方たちがたくさんいる。

PR会社と広報代行のフリーランスの選択には、是非、お客様の大事にされることは何かを指標に選んでみて欲しい。

01 PRカテゴリの最新記事