*まずはPR無料相談から*

PR会社とフリーランスの違い

PR会社とフリーランスの違い

広報PR代行を依頼する場合、

まず、PR会社を探される方が多いかもしれない。

確かに、PR会社は、ネット検索でたくさんヒットする。

一目見ただけでは

仕事が理解しづらく、料金も高いので

二の足を踏む方も多いはずだ。

  

しかし、

広報PRに着目したその貴重なアイデアを

諦めないで欲しいと思う。

   

実はこの業界、PR会社に属さずに活躍する

PRパーソンが意外に多い。

  

仕事の内容をみても

PR会社とフリーランスに差はない。

    

なぜなら広報PRの代行業務は、

商品やサービスに惚れ込み、会社のビジョン、

社長の気概、商品の成り立ち、社員の想いまで深く踏み込む、

属人的な仕事だからである。

     

プロジェクトへは、

PR会社は割り当てた担当者が、

フリーランスは当人が業務を遂行する。

   

例えば、広報の仕事に

マスメディアへの掲載を目指す「プレスリリース」の

作成・配信がある。

    

「A4の一枚のお手紙(プレスリリース)」を

マスメディアに届けるものである。

    
時勢に合った切り口の提案をお客様にする一方で、

受取り手である記者の視点も意識して「プレスリリース」を書き上げる。


そして、日々発行される

膨大な量の新聞記事や雑誌誌面に目を通し、

テレビ、ラジオ番組の情報を収集し、

「プレスリリース」の内容に見合った媒体を探し出す。

    

さらにメールや電話、もしくは直接、

記者に想いを届けることもある。

    

たかが一枚の「プレスリリース」の作成・配信業務にみえるが、

この一枚には、お客様の想いとともに

広報代行する者の“届けたい”という気持ちが詰まっている。

    

このようにお客様と担当者が信頼関係で結びついて

さらなるステージアップを目指すことが広報PR業務なのである。

     

ここにPR会社の職員、フリーランスの垣根はない。

   

人間味溢れる広報活動のイメージがついただろうか。

       

    

ただ、イベントの運営や

SNSの運用代行の必要性を感じている場合は

組織の強みがあるPR会社がふさわしい。

    

担当者は選べないが、

いざという時には上司のフォローも期待できる。

    

広報代行のフリーランスはチーム制で活躍している人も多いが、

動員力では、組織力のあるPR会社に敵わない。

    

フリーランスのPRパーソンの特徴は、

仕事への熱い想いを人一倍持ち、

プロの看板を一人で背負う責任感が強いことだ。

    

フリーランスの仲間には、

そんな熱い人がたくさんいる。

     

PR会社と広報代行のフリーランスの選択の際、

当記事が参考になればと思う。

    

01 PRカテゴリの最新記事