月末限定”紙”コンサル

     

自社の「紙媒体」も大事なメディア

    

無料のテンプレートやソフトが溢れ、
さらには安価な「ネット注文」で
手軽に”紙媒体”を発行できる便利な世の中になりました。

  

しかしながら、
巷に溢れる手作りの”チラシ”や”ニュースレター”は、
なんとも残念なものが多い!

    

それが”その人(会社)らしい味”だったらいいのです。
   

 

 

しかし、
「内容の不備」や「分かりずらさ」という
”不味さ”だったら残念極まりない!

 

そのメディアが
<お客様のため>になっていないからです。

   

しかも、
結構な確率で
わが社の自信作”と思っているので悲劇です。

 

”紙”コンサルをなぜするのか/理由と背景

 

実際、
私はこれまで
知り合いの個人事業主や経営者の方から
「ちょっと見て欲しい」と、
”印刷物”の原稿を渡されることがよくありました。

 
正直、
本当に”見る”だけでいいのか、
判断がつきません。

   

自力で完成できたことが
嬉しいという報告だけで、
私のアドバイスを求めているのだろうか。

 

ただ、
原稿を見れば見るほど
伝えたいことがあるのも事実です。

     

なぜなら、
私は前職の博物館施設で
多くの印刷物を作成してきたからです

   
施設概要、パネル、チラシ、マップ、冊子等
予算に応じて手作りしたり、
印刷業者に依頼したり様々に対応してきました。


しかも、ご存知でしたか?

   
印刷業者に頼んでも
通常、添削や提案はしてくれません。
   

こちらの指示通りに
原稿にデザインを加え、
修正をしてくれるだけです。

怠慢ではなく、
彼らは印刷技術のプロだからです。

    

ですから、
客観的な視点を常に意識して
取組んでいました。

   

    

私に原稿を渡された方々と接しているうちに、
個人事業主や自営業者の方は、
自分の判断に”小さな不安”があることも分かりました。

  

「エイッ」という勇気だけで
”発注ボタン”をクリックして進めていることも。

  

せっかく予算をかけたのに、
何百枚という残念な「印刷物」が量産されるのは
とても勿体ないと思うのです。

 

少しでも不安のある方は、
しっかりと私に”原稿”を見せてください。

  

あなただけの”良い味”は残しながら、
”分かりやすさ”に注力した添削やアドバイスを行います。

 

(何の改善点も見当たらない場合、
次回に添削を持ち越ししていただいて構いません。)

 

    

月末限定”紙”コンサルのご案内

 

<利用ステップ>

<詳細>

◆対象チラシ、ニュースレター、名刺、手紙、ホームページなど
文字や図表の「原稿データ」なら、どんなものでも
◆内容”客観的な視点”で原稿を添削、アドバイス
※例……言い回し、記入項目の不備、文字のサイズ感、レイアウト動線など
※原則、原稿の内容には踏み込みません
◆手順毎月20日までにお申込み
②データ原稿を送付
25日から31日の希望日にzoomコンサル
(1件15分程度)
◆料金
(税込み)
・名刺、カード  3,300円
・チラシ     8,800円/片面
         11,000円/両面 
・冊子      16,500円(4頁、見開き両面)
・サイト     8,800円/1画面

ご不明点は、こちらよりお問合せください。

  

お申込みフォーム

 
不安な方は、是非、一度お試しください。