*まずはPR無料相談から*

世の中の役に立つということ

世の中の役に立つということ


広報PRの分野では、
「社会性」を交えた発信を
勧めています。


今回は”ナーバスな話題”になります。


しかし、
≪世の中の役に立つこと≫の真髄を
理解してもらうため、
亡くなったお子さまのご冥福を
お祈りしながら書き進めたいと思います。




7月29日に福岡で
ショッキングな事故が
起こりました。



三大紙の見出しです。
ーーーー

①「5歳園児死亡、
 保育園は出席確認せず…送迎バス内に9時間放置か」
 (読売新聞)

②「5歳の男児が死亡
   保育園の登園バスで発見、脱水症状か」
 (朝日新聞)

③「送迎バス内、5歳死亡
    登園用、熱中症か 福岡・中間の保育」
 (毎日新聞)

ーーーー


これまでも車内の置き去り事故は
残念ながら絶えずあり、
初めてではありません。



しかし、
保育園の管理下で起きた事故として
各メディアは大きく報じました。


みなさんも
記憶に残っているニュースだと思います。



およそ20日後、
8月18日の朝刊の三大紙の見出しです。

ーーーー

「子どもの車内閉じ込め防ぐ」
 (読売新聞)

「園の送迎バス 安全守る取り組みは」
(朝日新聞)

③みんなの広場
 「送迎バスの点検・確認を」
 (毎日新聞)

ーーーー


事故を受けて出された
”報道(ニュース)以外”の記事です。



①読売新聞は、くらし面で
さまざまな専門家の言葉を通じて
<社内の子どもの守り方>を呼びかけました。


②朝日新聞は、生活面で
保育園の安全体制、経営上の問題など
<保育園の実態>を明らかにしました。


③毎日新聞は、投書欄で
<市井の声>を取り上げました。



このように、
「メディア」は事件・事故を報道し、
事実を明らかにするだけでなく
人々の社会生活レベルに展開していきます。



世の中の役に立つ情報”という立ち場で
関心を広げているのです。



目を背けたいような事故の記事ですが、
一連を見届ける中で
「社会課題に対して何ができるか」、


つまり、
<自分ごとに置き換える作業>
大切であることを私は学びました。



私たちはメディアではありませんが、
「社会課題に応えること」が
社会活動、そして経済活動であり
広報的な視点にも繋がると感じています。



身の周りで起きたことに注視し、
自分ならではの”役に立つこと”に
頭を巡らせてみてください。

01 PRカテゴリの最新記事