*まずは無料相談から*

広告の予算がなくても広報PRがある

広告の予算がなくても広報PRがある

広告の予算がないからと、新たな商品・サービスのステージアップを諦めていませんか?

これまで、商品・サービスの認知を拡大し、売上げを伸ばするための広告業務はとても重要視されてきました。

ビジネスの世界では、組織や予算規模の大小に関わらず、自らの商品・サービスの周知を図ること、つまり宣伝広告は当然の努めと言っていいでしょう。

しかし、Webサイトの一般化やSNSの発達により情報媒体は複雑化した現在、テレビ、新聞、雑誌といったマスメディア一辺倒の従来の広告設計だけでは、売上げの成果が振るわなくなってきています。

そのため、ウェブ広告、メールマガジンなどネット環境を利用した新たな広告手法も登場しました。

しかし、日常的に多種多様の情報に接する私たちは、広告の持つ宣伝然とした雰囲気を敏感に察知するようになり、広告主が主導する情報を無意識に遠ざける傾向にあるのではないでしょうか。

一方で、私たちは日々、自分にとって価値のあるよい情報を求めていることも事実です。

YouTube、アメブロ、Facebook、インスタ、ツイッター、noteなどへの関心、それらの流行は、私たちの情報要求を裏付けるものです。

評判のあるメディアを探ると、自治体・企業・機関などの公的な発信よりも、人々は馴染みがあり、憧れを抱き、信頼を寄せている人(集団)の発言に興味を持ち、評価をしていることが分かります。

広報PRは、このようにSNSの発達や世の中の情報媒体の動向に注視し、自らの広告で注意を引くのではなく、お客様が信頼を寄せるメディアに向けて話題を継続的に提供し、そのメディアからの客観的な発信によって認知を広げていくものです。

お客様に直接、主観的に情報をお届けする従来の広告とは方向性が全く異なります。

商品やサービスの種類によって断言できることではありませんが、事業のステージアップを考えるなら、広報の可能性を探ってみてもよいかもしれません。

ノウハウも予算が少なくても大丈夫。

フリーランスの広報代行に気軽に状況を相談してみてください。

01 PRカテゴリの最新記事