広報担当がいない場合の対応策

広報担当がいない場合の対応策

この時代、広告に替わるもの、それが広報PRです。

社内に広報担当者がいない、と広報PRを断念していませんか?

予算規模がものを言う企画重視の広告とは異なり、広報PRでは、商品やサービスに精通するだけでなく、会社のビジョン、社長の気概、商品の成り立ちなどを掬い上げ、語れることのできる人材の有無が鍵になります。

広報PRを行うためには、お客様に伝えたいことだけを発信する広告的な視点ではなく、時勢に見合った社内の話題をメディアに継続的に提供し、「取り上げたくなる情報」に仕立てる必要があるからです。

本来ならは、社内に広報PRのできる担当者を置き、日ごろから戦略的に情報発信をしていくことがベストでしょう。

しかしながら、広告に代わる広報PRの重要性、広告費より低コストという認識があったとしても、改めて専属社員を配置する人的余裕、決断はなかなかできるものではありません。

そこで、fujitomo-PRでは、前職での経験を踏まえ、広報PRを本格的に学んで得た技術を用い、世の中に良いものを伝えたい、という一心で広報業務を担います。

PR会社にはない、フリーランスならではの小回りの良さと予算感で、商品やサービスの認知拡大に貢献し、貴社の一層の発展を一緒に目指していきます。

01 広報PRカテゴリの最新記事