*まずはPR無料相談から*

プロフィール写真撮影チーム

プロフィール写真撮影チーム

先日、写真プロフィールの撮影をした。

撮影のきっかけは夫。

ある日、広報PR代行で独立した初刷りの名刺を得意気に夫にみせた。

夫は、言葉の出足がゆっくりなタイプ。

それなのに、「ビジネスなのに自撮り?」と、高速球で投げ込んできた。

確かに、リビングで撮った夏のノースリーブ姿。
PRを生業にしようとしている自分にこれではイメージダウンかも。

捕球するや否やプロの撮影に舵を切った。

□どこに頼む?
□何を着る?
□どんなメイク?
□どんな髪型?
□どんなポーズ?
□何カット?
□値段は?
□一人で行くの?

これまで、自腹で撮った個人写真はパスポート写真のみ。

「プロフィール写真素人参上ノ巻」である。

ただ、私は運がいい。

PR仲間のぶっきー(壽 良江さん)がプロフィール写真のディレクションをしているという噂を耳にした。

逃げないよう、タックルして捕まえた。

ディレクションの意味は当然分からなかったが、耳を塞いだ。

ぶっきーのおかげで当日までの道筋が確保でき、さらに服選び同行というオプションまでお願いした。
服のサイズ選びから教えを請うた。

ブランディングコーチの大桃 美代子さんからは、撮影のイロハを授かった。

私一人では心細いと被写体の同志を募り、PR仲間でTVディレクターの伊東 和花ちゃんを道連れにした。

メイクアップアーティストの妹②景子(Keiko Nishihama)にメイクを依頼した。

髪型は、美容師の妹③が引き受けてくれた。

私のファンである妹①には一連をネタにして伝え、笑いを取った。

こうして他力満載、いやチームでのプロフィール写真出来!!

おかげさまで、楽しく撮影ができ感謝でいっぱいです。
みなさん、ありがとうございます!

01 PRカテゴリの最新記事