ディズニーランドの広報


緊急事態宣言下でしたが、
先日、10年ぶりに
「東京ディズニーランド」へ行ってきました。



というのも、
現在小2の娘の通った保育園は、
「さくらさくらんぼ保育」を行う
自然派教育の園。



想像力の妨げになると
アンパンマンやミッキーなどの
″キャラクター”は推奨されていませんでした。


昨年は、
「ディズニーランド」に行ける
‶小学生″になったものの
新型コロナの流行で断念することに。



とはいえ、
さいたま市から
車で1時間とかからない場所です。



「営業しているなら行こう!」と
ようやく娘の夢を叶えることができました。




ーーーーーーーーーーー

ディズニーランドは、

普段は90,000人以上の入場者を
5,000人以下に制限

して営業しています。

ーーーーーーーーーーー



園内は、
どの街よりも空いているのでは?
と感じるほど閑散。



私の性質によるところですが、

≪企画意図≫をいちいち考え、
≪コロナ禍の経営≫に思いを馳せ、

ちっとも夢に浸らない、
頭の中は理屈だらけの一日でした。



前回同様に
企業のホームページ
見てみましょう。



「ディズニーランド」を経営する
≪株式会社オリエンタルランド≫も
連日、プレスリリースを出しています。



コロナ禍にあっては
≪営業時間の変更≫の情報提供が
一番多いようです。



しかし、
「ディズニーリゾートライン」と
「ディズニーシー」が
今年は20周年を迎えます。



制限の中でもできる企画を
精一杯行っている様子が
プレスリリースから伝わってきます。



ニュースリリース | 株式会社オリエンタルランド (olc.co.jp)



ちなみに、
プレスリリース
「ニュースリリース」という場合もあります。



どれだけイベントを企画しても、
お客様に求められていても、
これ以上の集客ができないという苦しさは
いかばかりのものでしょう。



今年度はまた、
「トイストーリー・ホテル」のオープンも
発表しています。



私は、熱烈なディズニーファンではありません。


しかし、

・一日を現地で過ごして″現状″を知り
・プレスリリースで情報発信を辿ることで

「コロナ禍でも乗り切って欲しい!」
と、≪会社を応援する気持ち≫になりました。



こういった地道な動きをみせることが
<広報活動>だと改めて思います。

01 広報PRカテゴリの最新記事