*まずはPR無料相談から*
北欧サウナに行ったワケ



<接触する効果>について
先日のサウナ体験からお伝えします。





私は、肩が凝りやすく頭痛持ち。



以前は、週に2~3度も
”鍼治療”に通うほどでした。



<NHKテレビ体操>に出会って以降、
慢性的な肩凝りは、解消。


(”10分間の習慣”が本当にオススメです!)



が、油断をすると
バキバキのコリコリです。



冷え性で頭に熱がこもるタイプらしく、
整体師さんに”サウナ”を
勧められていました。


それがひとつのきっかけです。

ただ、
興味の湧かないことは
結構な面倒臭がり。




ところが、、、



色々なことが重なって
今回、サウナを体験することになりました。


➀配偶者が通っていた

②整体師に勧められた

③北欧サウナの旅番組を視聴

④仕事仲間がサウナ好きだと知った

⑤北欧サウナに関わる仕事が入った

と、5回の接触機会がありました。



それぞれ、

➀→ふーん

②→良いものなのか

③→あそこにあるのか

④→行ってみようかな

⑤→行かねば



と、サウナに対する私の心情が
好意的に変化したのです。




=================

このような接触による効果は
≪ザイアンスの法則≫と呼ばれ、
私たちの行動が左右されています。

==================



この法則を
直球で活用しているのが
≪広告の世界≫




TVCM、ポスター、DM、看板を通じて
私たちが好意的に受け取れるように
設計されているわけです。



営業担当者が
何度も訪問する行動も
同じ理由ですね。



また、
少ない予算で始められる
リスティング、バナー、SNS広告などの
”web広告”も活発です。



広告は予算次第。
露出が過剰だと嫌わてしまいます。



検索内容で画面が埋まる
”ディスプレイ広告”に
うんざりした記憶はありませんか?




とはいえ、
<広報活動>でも
接触回数の多さは重要です。



私も”プレスリリース”を携えて
たくさんのメディアにアプローチします。



ただ、枠を購入する広告と異なる点は、

・口コミの広がり
・記事化による掲載

が目的であること。



第三者の「いいね!」を
期待した活動だから
一見、遠回りで地味な活動です。



だからこそ
広告より信頼性を獲得できる
といえます。



以上、
「北欧サウナに行った理由」について
<ザイアンスの法則>に触れて
お伝えしました。



ーーーー

ところで、
体験した北欧サウナの感想です。

1)サウナ10分(5分おきに蒸気)
2)水風呂2分
3)外気浴10分

と、一連の作法を予習して臨みました!



しかし、始めは熱すぎて
<スナフキン帽>を被った隣の方に
呼吸の仕方を聞いたほど。



<閉所恐怖症>もあるので
1人になるとビクビク。



サウナ用語”ととのう”状態も
そこまでの実感には至りませんでした;´∀`)



せっかくの機会なので
もう少し通いたいと思います!


<ザイアンスの法則>で
新たなサウナ―が誕生するかもしれません!



ちなみに、
口コミは”感動体験”が
一番広がるそうです。



なるほど!



サウナを体験した私も
”その場”で
Facebookに投稿していました笑


最近の感動体験は何ですか?

01 PRカテゴリの最新記事