プレスリリースを記者クラブに届ける方法~投げ込みをスムーズに行う準備とは~

プレスリリースを記者クラブに届ける方法~投げ込みをスムーズに行う準備とは~

「記者クラブ」とは、

官公庁などに置かれている

マスメディアの記者が集まる場所です。

   

場所にも寄りますが、

10~20の媒体が所属しています。

    

市役所や県庁にある記者クラブは、

民間の地域情報ならば

プレスリリースを受付けすることころもあります。

 

一ヶ所に届けるだけで

多くのメディアに渡せるメリットがあります。

 

通常、メディアの各ポストに

プレスリリースを投函するシステムなので

「投込み」といいます。

  

その「投込み」の方法をご紹介します。

      

地元の県庁、市役所に問い合わせする

  

プレスリリースの

外部受付を行っているかを

地元の県庁や市役所に問合せしてみましょう

  

代表番号に電話して、

「記者クラブ」に繋いでもらえば

大丈夫です。

  

市役所の場合、

記者クラブが”ない”場合があります。

    

県庁には、必ずあるものです。

 

自治体の広報課が

記者クラブに関する問合せに応じてくれる

場合もあります。

  

問い合わせをする内容

 

➀記者クラブの有無

②投込みの受付の有無

③部数の確認

④その他ルールの有無

ーーー

電話では、

➀~④に関して

順を追って尋ねましょう!

    

➀記者クラブの有無を確認します。

   

②「投込み」ができるかを伺います

   

その際、

どんな”内容”のプレスリリースか

聞かれる場合があります。

   

残念ながら、

セールス要素だけのプレスリリースは、

断られる場合もあるので注意が必要です。

 

”地域の情報”という視点で

判断されます。

 

③「部数」とは、

当日、記者クラブに持参する

プレスリリースの部数です。

 

大抵、メディアの数+1で

カウントされています。 

     

④「その他ルール」とは、

記者クラブごとに

独自のルールがある可能性もあるので、

きちんと知っておくとスムーズです。

   

独自に調べていること

  

以上、

1,2の内容は、広報担当者なら

誰もが知っていることです。

 

さらに私は、

独自に調べていることがあります。

 

少し内緒にしたいテクニックですが、

それは

➀「議会」の日程

②首長の「定例記者会見」の曜日

を把握することです!

 

特に「議会」は、初日の投込みを

避けるようにしています。

    

記者は、

議会に集中しているからです。

  

きちんと目を通す可能性が

下がります。

 

「定例記者会見」の曜日も

同様です。

   

記者が会見に参加し、

その後は執筆で忙しくなります。

  

どちらも

<自治体の公式ホームページ>で

探せます。

   

記者クラブに

議会や記者会見の日を聞くのは

厳禁です。

   

お門違いなので、

自分で調べてくださいね!!

  

最初の一歩

 

まずは、ホームページで

地元の市役所と県庁の

電話番号を調べましょう!

  

  

  

02 プレスリリースカテゴリの最新記事