プレスリリース作成の極意~論理性と感性の両面から書く~

プレスリリース作成の極意~論理性と感性の両面から書く~

今回のテーマは、
「プレスリリース作成の極意」です。



先月から
ある商品のPRをサポートしています。



今週は年末に向け、
プレスリリース第一弾を出す予定です。



とってもユニークな商品。



多くの方に伝わるといいな、
伝わって商品を手にしてくださると楽しいだろうな、
と思っています。


↑写真は、埼玉県庁です。「埼玉県政記者クラブ」が入っています。
 

   
だから、責任重大!



目下、
プレスリリースと
メディアリスト案を作成しています。



何をしていても、
頭からそのことが離れない。



方向性は決めていても
書く過程で気づくことが多い、
プレスリリースの作成作業です。



いつも
ゴールに辿り着くのだろうか、
という心地になります。



パーマでいえば、
第1剤を塗った後の
髪の組織が不安定な状態。

第2剤で定着させる前の
踏ん張り時と似ていますかね。

よく知りませんが笑



ただ、
この一筋縄ではいかない
練る作業が苦しいけれど楽しいのです。



少しマゾ的な…..



プレスリリースの
タイトルを決める場合も同様です。



見直すたびに
もっと”いい表現”があるのではないか。



文字を入れ替え、並べ替え……



まるで”パズルゲーム”の感覚です!



たった1枚のプレスリリースですが、

論理性と感性の両面が必要だな、



そんな風に思います。



みなさんのお仕事はどうですか?



論理性と感性は、
どんな割合になるでしょうか??




このリリース作成の続きは、
次回にお伝えできればと思います。


01 広報PRカテゴリの最新記事