*まずはPR無料相談から*

女性でもできる?WordPress

女性でもできる?WordPress

2020年10月の独立に向けてホームページを開設した。

タイトルの「女性でもできる~」は、起業家高橋ナナさんの夫ヒロルさんブログに反応したものである。

ヒロルさんのブログは、遠慮がちに腹を割るという巧みな表現方法で、嫉妬してしまうほど面白い。

そこでのヒロルさんは、WordPressの活用が女性には少し難しいのでは?という提言をしている。

すでにWordPressに手を出してしまっていた私は、このブログと対面して急に焦りを覚えた。

確かに直感的に操作できないWordPressは、仕組みが理解しづらいし、初めて聞く用語ばかりだし、なるほどヒロルさんのおっしゃるとおりである。

一方で、試行錯誤しつつも結果がついてくるので面白い、とも思う。

以下、走り出してしまったホームページ開設の流れを書き留める。

☑サーバーを持つ格好良さに惹かれる 

現在の私は、起業の準備としてホームページに取り組んでいる。

ホームページの作成には、プロバイダーが提供するサービス、もしくは㈱サイバーエージェントが提供するamebloを利用しようと考えていた。

どちらも無料の間借りである。

しかし、起業家わっきーさんのサイトによって、無料サイトはデータが失われる危険性があることを知り、間借りという考えは簡単に吹き飛んだ。(http://wakki001.com/asp-tools)

なにより、自分のサーバーを持つことの格好良さに惹かれた。

そのような成り行きから、月1,000円という手頃さと信頼性の高さで「Xサーバー」を選び、契約をした。

初年度の契約金額は、税込16,500円(初期費用3,000円+利用料金12,000円+税1,500円)である。

☑ドメイン「fujitomo-pr.com」取得

ドメインの取得には「お名前ドットコム」がいいらしい。

サイトを覗くと、思ったよりも安価でドメインを取得できることが分かった。

好きな名前をつけられることにわくわくする。

目ぼしい名前を検索すると、大抵、その名前が利用されていた。

もしくは高額であった。

自分の創造力の無さを目の当たりに、そして立場の弱さに、わくわくが目減りした。

後手に回っていると、たまたま、無料でドメインの取得ができるXサーバーの契約特典があることを知った。

今回は、お名前ドットコムにお世話になることなく無料でドメインが取得でき、なんとか勝ち越した。

あれこれ考えるうちに、私の氏名を省略したあだ名「ふじともちゃん」を利用しようと思いついた。

そう呼んでくれているのは、たった一人しかいないがあだ名はあだ名である。

“ふじとも”をローマ字で表すと、“fujitomo”。

アルファベットの「f」と「j」の丸み、「i」のドットの可愛さ、「o」×2のポップな感じが気に入って、採用に至った。

そこに、予定する事業内容のPRを付けて屋号をfujitomo‐PRとし、ドメインは「fujitomo-pr.com」に決めた。

☑検索に強いWordPress

ところで、表題にもある「WordPress」とは、サーバー上でホームページやブログの作成できる無料のソフトウエアのことをいう。

なんでも、検索に強いそうだ。

Xサーバーの契約サイトから簡単に取り込むことができる。

WordPressを利用するためには、テンプレートの「テーマ」が必要になる。

こんなところが、難しいと言われる所以であろう。

テーマは目的に応じて、様々なものが販売されている。

いまいち仕組みが理解できていないので、まずは無料でお洒落そうなテーマ「LION MEDIA」と子テーマというものを導入(プラグインという)した。

http://lionmedia.fit-jp.com/

これで検索されやすいサイトへと、一歩前進した。

☑ロゴ画像と自己紹介でホームページらしく

ロゴ画像とは、サイトの左上に表示されるものである。

ロゴの自動作成サイト(無料版)で試作してみたが、ピンと来るものがなかった。

有料で依頼する必要性はまだ感じていないので、簡易なものをペイントで作成した。

そして、見よう見まねで「固定ページ」にprofile&story(自己紹介)を書いた。

成り行きだが、推敲を重ねるうちに自分と向き合うことができた。

このページをホームページの冒頭で表示できる「メニュー」に設定し、なんとなく“らしく”なってきた。

これからもヒロルさんに成果を報告できるよう(面識はないが)頑張る次第である。

02 ビジネスカテゴリの最新記事