*まずはPR無料相談から*

情報に救われてきた私だから。

情報に救われてきた私だから。

痒い所に手が届く。
   
   
そんな仕事ぶりであるといいな、
と思っている。

  
お客様の口から 
「任せて良かった。」  
という言葉が発せられた時はとても嬉しい。

   

何かしらお役に立てたことを
実感できる瞬間だから。

     
  

            (以前の職場の事務机)                         

   
広報PRって、
本業に注力すると疎かになる仕事だ。   

むしろ、手が回らなくなるというべきか。

    

   



     
博物館勤務の頃、
日常の業務に忙殺されて
広報PRは後手後手になりがちだった。

      

公立施設だったので
広報誌の数行の告知記事だけで
一定の来客数が見込めた、
ということもある。

  

さらに、採算性も問われなかったから
集客できないことへの危機感も圧倒的になかった。

   

あえて頑張る仕事、
それが当時の≪広報PR≫だったのだ。

      

私はその環境に甘んじていることが
とてももどかしかった。

 

   



    
なぜなら、私自身が≪情報≫に救われてきたから。

      





ものごとは
「知ってもらってこそ価値がある」
と、思っている。

     
誰も知らない、
必要な人が知らない、

それが一番の悲劇。


    

きちんと情報を届けること。
それは、押し売りでも売り込みでもない。

    

だからこそ社会に広める覚悟とともに
広報PRの必要性を認識している人に出会うと嬉しい。

   

    

そして、そこに私が関われたならば、
お役に立てるのならば

最高だ!
  

  

01 PRカテゴリの最新記事