*まずはPR無料相談から*

ちょっとした思い出

ちょっとした思い出

    
22才で市役所に就職した当時、
私は週末の休みがもどかしかった。
   

仕事を中断するのが嫌だったのだ。

  

ずーーーっと仕事を進めていたい、と思った。

  
   
仕事で扱う”近代文学”の知識を増やしたいと
通信制大学にも入学した。

夏休み休暇はスクーリングに通った。


  
深い意味はないが、
こんなに受験勉強も没頭したなら
東大でも何でも入れるのだろう、と思った。

(つまり、勉強は振るわなかった)


     
ーーー

縄文の展示担当者になった時、
休みは各地の展示や遺跡を見て歩き、
読む本は”縄文”に関するものへと変わった。


   
例の通信制大学は結局、4年で退学した。

夫に「物好き」と言われた。



古民家に勤務していた時も、
あちこちの”古民家”を見て歩き
講座のヒントになりそうなモノゴトを探した。

 

行事食の講座へも展開したいと妄想し、
≪食品衛生責任者講習≫を
自費でこっそり受講した。


    
私生活でも初めて出産する時は、
出産、育児と名の付く本を片っ端から図書館で借り、
読み漁った。ㅤ

     
30冊までの貸し出しを繰り返した。

ーーー

そして、現在。

43才で起業し、
もうすぐ10ケ月が経つ。

特に”休みの日”は設けてない。

   
用事のない時以外は、
ずーっと座り仕事(のようなこと)をし続けている。

  
週末だけ、
ハイボールに手を伸ばす。

   
20年前の振り出しに戻ったような感覚だ。

   
「まだまだだな」と思うし、
だからこそ楽しい。


   
そんな夏の日。

10 生活カテゴリの最新記事