*まずはPR無料相談から*

歩けなくなった15才の犬ブラン

歩けなくなった15才の犬ブラン

15才のブラン。

5日前から、歩けなくなった。

ブランの居場所を、外の小屋からリビングに変えた。

毛布をかけて眠る姿は人間そのもの。

寝返りを手伝ったり、水を口に含ませたり介護が必要になった。

私は、そもそも動物が苦手だ。

夫の、「犬を飼うことが子どもの頃からの夢だった」という話を聞き、私はそれを受け入れた。

二人でペットショップへ犬を買いに行った。

愛くるしい犬が並ぶ雰囲気に馴染めなかった私は、夫の袖を引っ張り自宅へ戻った。

そのすぐあと、私は〈犬、譲ります〉という貼り紙を見つけた。

精神的に辛い時期の夫を支えていたブラン。

夫の長期入院でひとりになった私を支えたブラン。

3人の子どもたちの成長を優しく見守るブラン。

そもそも、私は動物が好きではない。

そんなことはもういい。

ブランはもう歩かないのだ。

人間のように静かに眠るブラン。

時々、目を開ける。

私はなぜだか涙が止まらない。

10 生活カテゴリの最新記事