机に座る女

机に座る女

ㅤㅤ
低学年のころの記憶である。
ㅤㅤㅤ
―――

ㅤㅤ
就寝時間が8時に定められた私は、
夕飯の呼び声がかかる瞬間までが
自由な時間だった。
ㅤㅤ
ㅤㅤ
平屋の北西に位置する、
ほぼ物置と化した
湿っぽい四畳間で時を過ごした。
ㅤㅤ
ㅤㅤ
子ども向けの学習机はなく、
母親が昔から使っていた
重々しい机が私の定位置であった。
ㅤㅤ
ㅤㅤ
ㅤㅤ
入学を機に新調された
キキとララの椅子とピンク色の敷物が
部屋のうら寂しさを一層増長させていた。
ㅤㅤ
ㅤㅤ
ㅤㅤ
特に勉強の習慣があったわけではない。
ㅤㅤ
ㅤㅤ
明日に想いを馳せて
学校の準備をしたり、
文房具に手を加えたり、
書き物をしたり、
何とはなしに過ごしていただけである。
ㅤㅤ
ㅤㅤ
幼心にも
この時間が途切れずに続くことを
願っていたような気がする。
ㅤㅤ
ㅤㅤ
そして今。
ㅤㅤ
ㅤㅤ
ほぼ1日中、
机に座っている。
ㅤㅤ

恥ずかしい話だがㅤ
家族のいない平日は、
昼食もここでサッと済ますことが多い。
ㅤㅤ
ㅤㅤ
あれやこれやと想いを巡らし、
最後は慌てて仕事を進めるのだ。
ㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤ
ㅤㅤ
ふと遠き自分を思い出し
過去と現在が、
ㅤㅤ
ポンと繋がった。
ㅤㅤ
※画像は紀伊国屋書店web storeからお借りしました。


粗いw

00 自己紹介カテゴリの最新記事