*まずはPR無料相談から*

だけど、私はピアノを弾けない

だけど、私はピアノを弾けない

家族内ではネタなのだが
母は音痴。

当時の世相を反映してか、
物心ついた時から自宅にピアノが置かれていた。

私は4才からグループレッスンの
音楽教室に通った。


私の意志ではないと思う。
母が誘ったのだ。

小学2年生頃から、
個人レッスンに切り替わった。

ピアノは練習がつきもの。
毎日、それが苦痛で仕方なかった。

レッスンも単調で、
私には面白いものではなかった。
   

レッスンの順番を待つ間、
先生は≪缶コーヒー≫を買ってくるよう
毎回、私に頼んだ。

お駄賃は、好きな缶ジュース!

私は、
・オレンジファンタ
・グレープファンタ
・コーラ
を週替わりで楽しんだ。

ジュースが私を引き留めていた。


中学生になった。

”上半身は正面だが、下半身はそっぽを向く”
今にも逃げ出したいようなそんな感覚で
ピアノを弾いていた。

合唱コンクールの伴奏で、
初めて同級生の演奏を聴くことができた。

指の動き、音の強弱、表現力など
演奏のすべてに驚き、
レベルの差を知った。

楽譜が読める私は、
≪伴奏者の譜面をめくる係≫を拝命した。

しかし、
演奏の速さと複雑さに楽譜を追えず、
適当にめくっていたことは
誰も知らない……。

めくるタイミングを見計らいながら、
ジュースに目がくらんで過ごした自分を思い起こし
初めての挫折を味わった。


中学2年生になり、
ピアノのレッスンを辞めた。


今、母のおかげで、
私は音痴ではない。(と思う)
  
そして音楽を聴くことは
ずっと大好き。 

ただ、4才から習った割に
私はピアノを全然、弾けない。

人間、向き不向きがあるということだ!!!


   

10 生活カテゴリの最新記事