*まずはPR無料相談から*

画面越しの”勝手な判断”は危険よね、の話。

画面越しの”勝手な判断”は危険よね、の話。

 
心底、
優しい人はいるものだ。

  

     
私のひと回り、
いやそれ以上に年下の‟Tさん”がいる。
   

PRの仕事仲間で、出会って約半年。

    
音楽の趣味が似ていたり、
なんとなく同じ空気感を好んでいたり、
勝手に親近感を持っている。

    


毎月、打合せをし、
日常的に連絡も取り合っている。  

 
しかし、
未だにリアルで
”Tさん”に会ったことがない。
  

画面を通じて
私の”Tさん像”は、既に完成済みだ。

 
   

    

そこに大きな隔たりがあるとは、
全く気づかずに……。


   
先日も打合せのあと、
穏やかな時間が流れていた。
  

話は
なんとなく志ん朝、
いや、「身長」の話題に変わった。

   

  
そこから、
”想像のTさん”と”現実のTさん”の
≪サイズ≫が大きく異なることが判明した。

 
 
   
私は驚きのあまり
いつも以上の声を上げた。

  
私の”Tさん像”を
大きく大きく書き換えないといけないから。
(スケールも気持ちも、両方)

  

    
さらに、
笑いも止まらなくなった。
        

自分の思い込みの勝手さに
呆れたからだ。
   

    
 

これって”Tさん”には、
面白くも、
楽しくもない話である。
   

    

でも”Tさん”は、
やっぱり優しい人だった。
    


藤田さんが驚いてくれて、
なんだが嬉しかったです!!
\ 


と、
”ただのお騒がせ”であったの私のリアクションを
丸ごと受け止めてくれたのだ。

 
ますます、目を丸くした。
  

    
  

    
世の中には、
本当に優しい人がいるものだ。

    

zoomを切った後も、
じんわりとした気持ちがいつまでも残った。

       

   

   
人柄の面では、
私の見立てに差異はなかった!!

    




Tさん、お詫びしてしっかり訂正いたします(__)

   


10 生活カテゴリの最新記事