*まずは無料相談から*

僕は走らない

僕は走らない

息子(小5)のマラソン大会。

走らない息子を応援しに学校へ。

走らないという選択をし、実行した息子。

走らない息子を見届ける、という経験をした私。

「直前まで悩んだみたいですよ。」トラックの内側から先生が声をかけてきた。私は、大きくうなずく。

走るのか、走らないのか。
そのことを受け入れるのか、どうするのか。

正否でも良し悪しでもない人生の選択について息子・先生・親と三者三様で向き合った。

思いがけない出来事への”感情の揺れ”が、「生きてる」って証しの一つでもあると感じた金曜日の昼。

(今日は真面目🤫

10 生活カテゴリの最新記事