*まずはPR無料相談から*

もう一人の自分に託すこと

もう一人の自分に託すこと

いつも時間が足りない。
  


誰しもに夜がやってきて、
そして朝がくる。

    

そんなの嘘だと思う。


   
こんなにゆったりしている人が
一日に終止符を打ち
ふとんに潜り込めるはずはない。

   
あんなにせっかちな人が
一日にけりをつけ
眠りに入るはずがない。


 
そんな風に
周りの様子を窺っている。


 
私はというと、
一日を可能な限り膨張させ、
欠けた一日からスタートをする。

  
    
凝りもせず
歪んだ毎日を繰り返す自分に
思わず、ため息が漏れる。


 
昨日にきちんと終わりを告げ、
今日に生きる多くの人たちに
尊敬を念を抱かずにはいられない。
   


時間がありさえすれば
解決する問題なのかは、分からない。


時間の見積もりの見極めも甘い。
予想より、倍の時間がかかっている。
 

生きる手順を変えるのか、
もしくは何かを切り捨てるといいのか。

  
とにかく、時間が足りない。

   
だからいつも思う。
  

   
私がもう一人いればいいのに、と。

   
   
一日中、本が読みたい。

仕事の幅を広げたい。

ドラマを最後まで見たい。

誘われるがままに遊びたい。

うだうだしたい。
      

   
一人の私を増やしただけでは
済まないのかもしれない。

  

しかし、
もう一人の私がいたら、
私は彼女に何を託すのだろうか。
    
   

明日はどうやら雨らしい。

 
外に出かける自分は不要になるだろうと
ひとり胸をなでおろす。 

   

10 生活カテゴリの最新記事