*まずはPR無料相談から*

半ドンの喜びと悔しさ

半ドンの喜びと悔しさ

いわゆる「半ドン」があったころの話である。


私が子どもの頃、
土曜日の午後は幸せに満ちた時間だった。

土曜日だけ
2倍の人生を楽しむことができたからだ。

朝はいつものように
保育園や小学校へ通った。

しかし、昼を境にして
平日が休日に入れ替わった。

これが「半ドン」。

それは大人も同じで、
半ドンの我が家の昼食は、
父の作るサッポロラーメンが多かった。


日曜日の子どもたちは、
地域活動、家族で″お出かけ″と、
意外に自由な時間が少なかったように思う。


だから、土曜日の半ドンこそが
友達と長時間、
エネルギッシュに遊ぶことが可能な日だった。

今も、そんな昭和の生活を
懐かしく思い出す。
  


かつての土曜日の心地よい記憶とともに、
悔しい思い出もある。


当時5才になったばかりの私は、
「太陽戦隊サンバルカン」を
流行に乗じて観ていた。

土曜日の夕方に放送されていた
子ども向けのテレビ番組である。

 
その日も、
日が暮れるまで外で存分に遊び、
満ち足りた気分で帰宅した。
 
友達と遊べただけでなく、
お気に入りの番組も見られる。


最高の流れになるはずだった。


しかし、
その日の「太陽戦隊サンバルカン」は
すでに放送を終えていた。

まだ、私は時計が読めなかった。

放送開始の目安にしていた夕暮れ時が
18時をすっかり超えており、
見逃したのだ。

私は一人、
やりきれない想いで家中を巡り、
地団太を踏んだ。
 
 
 
ほんの些細な一件だが、
まだ経験の浅い5才の私には
強烈な出来事となった。


この悔しさを何度も反芻する中で、
 
・叶わないことがあること
・時間は巻き戻せないこと
・夕暮れの時刻は変わること

を徐々に理解し、
教訓めいた学びにもなって記憶が定着した。



初夏の夕暮れ時になると思い出す。
 
半ドン、甘じょっぱい。
 

10 生活カテゴリの最新記事