*まずはPR無料相談から*

仕事へのこだわり

仕事へのこだわり

社会人となって、21年が経過した。

私の仕事へのこだわりについて
述べてみる。



私は、基本的に断らない。

仕事を頼まれて
断ったことの記憶が、ほぼない。

大きなものから小さなものまで、
ほぼない。

できる確証があって
引き受けた訳では全くない。

最後にバンジージャンプを飛ぶ心地になり
後悔したこともたくさんある。

けれども私は、
ほぼ仕事は断っていない。
  

何を事例にあげようか。



<屋内消火栓の隊員>

ある期間、
消火活動の練習を続けて
屋内消火栓大会に出場した。

「放水、はじめ!!」
と大声で叫んだり、
ホースを抱えてダッシュをしたり
かなり恥ずかしい任務だった。

あとから、
ひとつ上の先輩が断っていたことを知って驚いた。



<講座の挨拶>

初めての講師紹介では、
講師の名前だけを呼んで終わった。
プロフィールが緊張のあまり
読めなかったのだ。

(何も指摘されないことも恐ろしかった)

「この仕事は100万円」と
暗示をかけているうちに慣れていった。



<新人研修講師>

200人という数字におののいて
職場のバケツで足湯して向かうほど
緊張した記憶がある。

結構、楽しく終えた。


これらは偶発的なイベントだが、
事務仕事も頼まれると
何でもやっていた。


私のこだわりは、
実は、「断らないこと」ではない。
  

「頼んでくれた人の眼識を信じてみること」
これに尽きる。

ただし、眼識を信じるのは2~3度まで。
私は飽き性なのだ。

02 ビジネスカテゴリの最新記事