*まずはPR無料相談から*

病院食への向き合い方の違い

病院食への向き合い方の違い

年々、”食”への興味が減っている。

 
もちろんお腹が空いたら、
しっかり食べる。


食べ始めると
ついつい食べ過ぎてしまうことも多い。

   
ハイボールとさかナッツは
相変わらず大好きだし。
   

しかし、年経るごとに
“食”への意識と関心の差は
夫と開くばかり。

入院時の給食への
向き合い方で
その差を如実に感じている。
   


夫は、
これまで数えきれないほど
入院をしている。 

かわいそうに食事制限の時も多いのだが、
”病院食”が何よりの楽しみらしい。

     
毎食毎食、写真に収めては
画像を送ってくる。

  
「ここの病院は美味しかった」
と、退院後に静かに漏らす。
 

  
 
給食については、
”違いの分かる男”なのかもしれない。


   
日常でも、毎食毎食を
とても大切に扱っているから
入院時でも当然の関心事なのだろう。
   

一方の私。

  
病気やケガでの入院は、
有り難いことに未だかつてない。

産後の5日×3回だけ。

   
ただ、産院での給食は、
あまりいい思い出がない。


上手い不味いの問題ではなく、
思い返すと”量”の問題だった。

  

一人目の出産で
お世話になった産院は、
手の込んだ食事が毎食出された。


お昼にハヤシライスは、
私には豪華過ぎた。

     
”夜食”まで登場した。
これは、断った。 
  

   
産院の口コミサイトに、
  
<院長の奥さん自慢の
シフォンケーキが出てきます♩>

とあるのを見つけていたものだから、
いつ出てくるのかとビクビクしていた。

(結局、自慢は登場しなかったが笑)   
 

二人目、三人目は、
自然派の助産院に入院した。

  
”酵素玄米”を出すほど
こだわりのある菜食メニューである。

    
私も期待し、
それはそれは楽しみにしていた。 
 
   
しかし、朝食が多かった。
  
朝食が多いと昼食の楽しみがなくなり、
その状態で昼食をとると、
夕食が美味しくなくるのだ。

  
  
もともと、
朝はあまり食べたくないタイプ。 
 
  
せめて、
ご飯とみそ汁だけにして欲しい
と、連日懇願した。
  
先生は、
笑いながらおかずも出し続けた。  
 
   
残せばいいだけの話。

しかし、
入院は私一人だったから、
残すことが後ろめたかったのだ。

  

   
   
    

今、夫はまた入院している。
 
明日は、
食事制限をされず
美味しい食事にありつけるのだろうか。
    
    

10 生活カテゴリの最新記事