イベント企画は日時が肝!夏編🌴/広報PRレターvol.154

イベント企画は日時が肝!夏編🌴/広報PRレターvol.154

 
さて、6月に入りましたね!
 
 
夏に向けて
イベントの準備が本格化する時期ですね。
 
 
みなさんは、
夏の企画の構想はお持ちですか?
 
 
 
今回のテーマは
イベント企画は日時が肝!夏編🌴
です^^
 
 


テレ東の未公開番組から


 
まずは、こちらの
テレビ東京・未公開番組を
必ず!!御覧ください^^
 
 
(地上波、地デジの「未公開」という意味ですね)

(画像は番組ページからお借りしました)
 
   
 
 
こちらの番組で、
第一線で活躍されるPRパーソンの思考を
窺い知ることができ私自身、とても勉強になりました。
 
 
 
「円卓コンフィデンシャル
攻める広報部が集結!➀「企業価値を上げる」秘策」

https://tver.jp/episodes/eppcgzhekw
 
 
※TVerで6月9日(日)まで放送(25分間)
 
 
タイトルは「攻める広報」と
強い印象ですが、
 
 
 
広報PRの真髄が
ギュッと詰まっていました!

 
 
 
内容を少しシェアすると、
 
 
冒頭では、目的のおさらいを。
 
 
・宣伝→消費者への販売
・広報→企業価値の向上

  
 
最終的には
「価値の向上」から
「販売」に繋がる意識は必要ですが、
 
 
広報は、”直情的でない”ところがミソなんです。
 
 
そのため
「広報はコミュニケーション活動である」
という認識が重要です。
 
 
 
改めて「広報PR」は理屈っぽいですね。笑
 
 
 
つまり、
相手を慮った上での戦略の応酬です。
 
 
やっぱり理屈っぽい。
 
 
出演者の方々が
発した広報のキーワードを列記すると、
 
 
➀共感をつくる
➁見立て力
➂リブランディング
➃開発、企画の段階から
➄メディアは世の中を紹介したい
➅エンタメ化

 
 
特に、
初めてプレスリリースに取り組む場合には、
 
 
➃のキーワード
「開発、企画の段階から」という視点
欠かせません!

 
 
 
つまり、企画段階から
広報の視点を取り入れることで
無駄な動きに陥らないのです。
 
 


 
夏のイベントに相応しい日時とは?


イベントの「日時の決定」は、
たいていの場合、企画段階で決まりますね。
 
 
 
弊社のスモールプランは、
初めてプレスリリースに取り組む会社や専門家向けの
内容です。
 
 
 
そのプランをご利用のお客様から
プレスリリースのタイミングについて
ご相談いただきました。
 
 
 
出すタイミングも重要ですが、
 
プレスリリースの
中身に記された開催日時が
 
「相応しい時期であるか」
 
を検証する必要があります。
 
つまり、”企画の段階”の話です。
 
 
 
その重要性を みなさんにもシェアしたく、
 
今回、
イベント企画は日時が肝!夏編🌴
をテーマに選定しました。
 
 
 
日程を決める際、
ピンポイントで「この日だけしかない!」
といった事情が多々あることは十分、理解しています。
 
 
 
ただ、その日に実施する「理由」を
一度は考えた上で決めて欲しいのです。

 
 
 
 
夏のシーズンに関わらず、
なんとなく日程を決めてしまうことだけはNGです。
 
 
今回タイトルに
「夏編」と掲げたのは、
 
夏だからこそ注意してほしい
世の中の動きがあるからです。
 
 
 
みなさんなら
きっと何だか分かりますよね?
 
 
 
 
ピンポーン!
 
甲子園
=全国高等学校野球選手権大会 です!

 
 
 
 
7月後半から県ごとに開催される
「地方大会」は、
 
地元のメディアが
総動員で取材に当たります。
 
 
つまり、この時期は記者が不足してしまいます。
 
掲載枠も減ってしまいます。
 
 
地元メディアの取材を期待するなら、
 
予選大会の時期は要注意です!
 
 
 
地方大会の試合の日程は
ネットで簡単に調べられます。
 
 
埼玉県の場合、
 

埼玉県高等学校野球連盟のWebサイト

↑PDFで年間の試合日程がアップされていました
 
 
●埼玉大会:7月11日~28日
この期間のは要注意ですね。
 
●全国大会:8月7日~23日
記者が総出で取材に行くことはありませんが、
試合の日程、勝敗で紙面に影響が出る可能性。
 
 
 
さらに、夏は甲子園野球以外にも
チェックしたい行事があります。
 
 
 
そう、「お祭り」です!
 
 
 
「甲子園」「お祭り」が重なった日は、
当日の取材の可能性はかなり低くなります。

 
 
 
それを避けるため
地元のお祭りの日程はぜひ、押さえましょう!
 
 
 
ただし、
イベント・観光情報を
調べるだけでは不十分なのです。

 
 
 
なぜなら「小さな神事」は
一般的なサイトに
掲載されていない可能性があるからです。
 
 
意外と思うかもしれませんが、
 
行政(文化財の担当部署)が
プレスリリースを出していて
伝統の地域行事として取材される可能性が高い!

 
 
 
日程を検索する場合、
 
「文化財+公開+〇〇市」
 
とチェックしてみてください。
 
 
たとえば、さいたま市の場合
 
 
「無形民俗文化財等公開カレンダー」がヒットし、
一連の行事が確認できます。
https://www.city.saitama.lg.jp/004/005/006/012/koukaigyoujikaika.html
 
7月に集中して
お囃子や獅子舞、万灯などの
公開行事が行われていることが分かります。
 
 
↓さいたま市のイベント・祭り
https://www.city.saitama.lg.jp/006/014/009/010/index.html
にこれらの情報は出てこないのです。
 
 
 
 
そして、日付を確認したら
開催する「時間帯」にも
戦略性を加えてみてください。
 
 
夕方のテレビニュースで
取り上げられる可能性は、
午前中のイベントほど高まります。
 
(編集を考えるとそうなりますね!)
 
 
広報に長けた
とある自治体の職員の方は、
 
イベントは午前中が必須!
 
と、言い切っていましたよ。
 
 
 
 
プレスリリースでお知らせしながら
広げて行きたい企画なら
「内容」のこだわりはもちろんですが、
 
「日時」についても
戦略性を発揮させてみてくださいね!
 
 
 
 
最後に…… 


(再掲)動画3本でネタづくりの参考に^^

 
 
2024年5月に3日間実施した特別企画 
「プレスリリースを出したいけれどどんなネタが良いか分からない人のためのプレスリリースが出せるようになる実践的なネタが手に入る講座」


 
登録した直後から
毎日、1本づつメールで動画をお届けしています。
 
 
※メールの中でご案内しているKUWADATEの受付は終了しています。
ご了承ください。

 

↓こちらのボタンどうぞ!
 
無料で視聴する


 

 PRプロデューサー 藤田智子


 
 
 
 
★新たなサービス
PRパーソン向けコンサルティングを開始します! – 広報PR会社 (fujitomo-pr.com)
  
 
★添削サービス「紙コンサル」
月末限定・紙コンサル – 広報PR会社 (fujitomo-pr.com)

 
 


 

・PRしたいけれど何から始めたらよいか
・メディア向けのネタが自分にあるのか
・こんなことはプレスリリースにできるのか?
・PRは実際にはどんな活動をするのか?
・出版企画書って何?

などご相談は、事業の規模に関わらず受付します。

*Instagram
https://www.instagram.com/fujitomopr/?hl=ja


01 広報PRレター/メルマガ転載カテゴリの最新記事