*まずは無料相談から*

MBさんの『幸服論』はビジネス書だった

MBさんの『幸服論』はビジネス書だった

遅まきながら、おしゃれの啓蒙家であるMBさんの存在を知ったのが先週。

なんだこの人は!!!

1冊目として手にしたのが『幸服論』(扶桑社、2018)。

おしゃれ指南書かと思ったら、珠玉の言葉が飛び出すビジネス書で心に刺さった。

付箋を貼った部分をここに留めておく。

「会社のために役立つより、日本人男性全員の役に立つほうがいい」(36頁)

この文章からわが身を振り返る。

サラリーマンとしての私は、組織の中で物わかりのよい人でありたい自分と、社会に役立つことをしたい自分との間で苦しんでいた。

自分の立ち位置に覚悟がなかった。

社会ではバランスも必要だが、尖った意志があったならば、もう少し善戦できたのではないかと思う。

「目標には上位目標と下位目標があります」(114頁)

この発想は、働く上での戒めになる。

上位目標を目的、下位目標を手段と置き換えると良いという。

日々の仕事でも手段に囚われて目的を失っていることは、自覚できるな。

「10年以上会社を続けていくには、いかに創造性を止めさせないかが重要になります」(146頁)

大きな組織にいた性で、代用の効く仕組みを作ることも仕事であった。

「仕組みをつくらないことが創造性や思考力につながる」とあり、冷や汗をかいた。

自分らしさで差別化を図り、相手を喜ばすことを肝に命じて生きていきたい。

それにしても、人間のクリエイティブな脳は40歳前後がピークという記載が……。

そこは謙虚に、努力し続けるということで理解しよう。

02 ビジネスカテゴリの最新記事